〒630-0131 奈良県生駒市上町1112-1 駐車場あり(6台)

 

 09:00 ~ 18:00(最終受付 17:00)

  × ×
 09:00 ~ 16:00(最終受付 15:00)           × ×

当院には、お昼休み休憩はございません。往診はかかりつけの方のみとなります。
往診に出て不在のこともありますので、診察ご希望の方は、ご来院前に必ずご予約ください。

診察予約・お問合せはこちらへ 

0743-71-2424

直前のご予約もお受けしております。

ご来院前に必ず「お知らせ」をご確認の上、

お電話にてご予約をお願い致します。

診療日記(事例紹介)

2年間、かゆみで苦しんでいたD君

治療前

D君がお母さんと一緒に紹介されて、来院されました。  お母さんいわく・・・
「2年前から皮膚病がひどく、絶えずかゆみがあって、かきむしったり、かゆいところを咬んだり、いらいらしているせいか、家族にも本気で咬みついたりするんです。また悪臭もひどく,家じゅうに漂っているんです」とのこと。  確かに、目の周り、あごの下、足に、かゆみと咬んだり、足でかいたりしている場所がたくさんあります。お母さんの悲痛な訴えに応えたいと思い、治療を開始しました。

治療後

治療していくと、みるみるかゆみがなくなり、赤味もなくなってきました。

まだ治療中なので、目の周りも完全ではありませんが、かなり改善しています。

お母さんいわく、「かゆみが取れたせいか、よく眠って、その分、昼間かなり元気になりました!イライラして、お父さんやお母さんを咬むこともなくりました!」「もう治療法がないとあきらめていたので、本当に嬉しいです!」とのこと。もっと完全に治してあげて、今度は、再発しないように(動物病院になるべく来なくていいように)してあげることが、これからの私の課題です。

耳、のど、お腹のカユミに何年も苦しんでいたCちゃん

治療前

耳、のど、お腹、指の間のカユミにずっと苦しんでいたCちゃん。知人のご紹介でやって来られました。左側は初診時のどです。  赤くなって、黄色い膿のようなものまで出ています。右側のお腹も赤くかゆい状態です。また、全身が脂でべたべたになっていました。

治療後

↑治療開始後の首の状態です。まだ脱毛がありますが、かゆみはなくなり、かかなくなったようです。

お腹はどうしてもお腹の皮のたるみで湿気やすい場所です。少しまだ湿疹はありますが、かゆみは全くなくなったそうです。アレルギーは、体質のようなもの。うまく付き合っていくことが大切です。

耳の赤みはなくなり、耳ダレもなくなり、臭い耳垢も全く出なくなりました。

ひどくならないように、もし症状が出始めたら、早い目に治療をしてあげることで、短期間で症状を改善してあげることができます。

Cちゃんには、最後に適切なシャンプーと塗り薬を選択し処方して治療を終了しました。

大阪の大東市からやってきた秋田犬のゴンちゃん!

治療前

大阪の動物病院からの紹介状、一般血液検査、ホルモン検査、食物アレルギー検査のデータを持ってやって来られました。毎年、夏頃に皮膚病が出るのだけで、いつも簡単な治療で治っていました。

ところが、今年は、いつもの治療をしていても治らず、どんどんひどくなってしまうということで、その獣医さんから紹介されてきました。ひどいカユミで、一日中体をかきむしっているようです。かゆさのあまり、自分の体を激しく咬んでいるようです。確かに、全身に赤み、脱毛、そしてフケだらけです。ひどいところはカサブタになっています。

治療後

原因を詳しく調べているとすぐにわかり、治療を開始しました。しばらく大阪から奈良まで通って頂くことになりましたが、ご家族の皆さんの愛情に包まれているゴンちゃん、頑張って通ってくれました。

数週間後には、カユミも無くなり、綺麗なふわふわの毛艶になりました!!

よかったよかった~ 秋田犬の中には、人を咬んで大怪我をさせてしまうこがいますが、このゴンちゃん、性格も穏やかで、娘さんにどんないたずらをされても、絶対起こらないそうです。私も診察がしやすかったですね~

皮膚がボロボロの状態でやってきたH君

治療前

H君が初めてやってきたとき。。。皮膚病のかなりひどい状況でした。

もう1年以上、いろんな治療を試みてきたみたいですが、いっこうに改善せず、見ている方が辛くなるほどかわいそうな状態でした。元々の毛色のせいでわかりづらいですが、全身にカサブタ、脱毛があり、フケだらけです。かわいそう。

治療後

早速、当院流の飲み薬とシャンプー療法を試みてみました。

いろんな病気が重なっていたのですね。それを同時に治してあげることが重要なんですね。

治療開始2週間後のH君の状況です!2週間でみるみる改善していったのですが、どうしても、頭と腰のカサブタだけがなかなか消失してくれませんでしたので、いつもより悪戦苦闘しました。

やはり完全に綺麗にしてあげたいですからね。最後にシャンプーを一工夫してみたところ・・・ やっとカサブタの一つもない、フケや脱毛もない綺麗な体になって卒業してくれました。

同級生が 31 年ぶりに飼い犬のT君と一緒に相談に来ました!

治療前

「飼い犬のことで相談に乗ってほしい」といきなりメールが届きました。表題どおり中学卒業後31年ぶりです。早速、診察に来てもらいました。

治療後

いつも飼い主さんからのお話や診察から、いくつかの仮説を立て、それを確定するための検査をしていくのですが、今回は一般の血液検査もせず、総合的に判断した仮説に基づいて検査をしてみることを提案しました。すると、仮説通りの病気でした。2つの病気が重なっていたのです。

診断に基づいて治療をしていくと、T君は足をなめなくなり、みるみる皮膚病も回復していきました。また治療によって活力も出てきたようです。

このように、長く苦しんでいた犬ちゃんとその飼い主さんの悩みが解決し、明るい笑顔で動物病院に来てもらえるようになることが獣医師としての最大の生き甲斐ですね。

↑治療途中の写真ですが、足を全くなめなくなったので、色素だけが残り、赤黒い腫れや膿はなくなっています。固く象の皮膚のようになっていたのが、やわらかい皮膚に戻りました。今では毛も生えてきています。3年間の苦しみから卒業ですね。

三半規管障害とフィラリア症から・・・元気に!

かっこいい服まで買ってもらったG君

頭が左に傾き、左側にぐるぐると回転し続ける・・・ 数日前より食欲が落ち、嘔吐もしている・・・

典型的な前庭疾患(三半規管の障害)でした。耳を診てみると、耳垢がたっぷり。外耳炎から波及して、三半規管が壊れてしまったようです。

一年前に、他院で外耳炎でかかったことがあったのですが、再発したようです。再発は治りにくかったりするのですが、治療にはすぐ反応してくれ、元気になりました。

でも、G君は、それ以外にも、フィラリアに重度感染していました。2年前に、これもまた他院ですが、フィラリアの感染を指摘され、予防薬を飲んだりしていた時期もあるそうですが、やはり、病院まで車で連れて行き、長~く待合室で待たされることは、飼い主様を動物病院から遠ざけてしまうようです。

4月にフィラリアのキット検査をしてみると、「強陽性」心臓や肺動脈あたりに、年齢の違うフィラリアがうじゃうじゃいる状態です。幸い、フィラリアの子供(ミクロフィラリアといいます)がいなかったので、ゆるやかな治療を継続してきました。

会った当初は、フィラリアのせいで、かなり痩せていて、ガリガリで毛艶も悪く、不整脈もありました。最近では、毛艶もかなりよくなり、ふさふさと恰幅の良い毛並みにもなりました。このままフィラリアがいなくなるまで、元気で頑張って欲しいと願う私です。

フィラリア感染から半年で治ったG君!

飼い主さんのお話では、「お腹をよくかいていて、真っ赤になっている」「耳も何年も前からかゆがっている」「1年前から痩せてきた」とのこと。

確かに、お腹は赤くなっているだけではなく、しわしわで皮膚が厚くなってしまっていました。耳の内側も同じような状態でした。

早速、飲み薬と点耳薬で治療を開始したところ、皮膚炎と外耳炎はみるみる改善し、毛艶もどんどん良くなり、キツネ色の毛になりました。でも、G君にはもうひとつ問題がありました。飼い主さんが、車を運転できず、12歳の今日までフィラリア予防を出来ていませんでした。

フィラリア感染の検査をしたところ・・・ やはり陽性・・・ フィラリアの治療も並行して行うことになりました。フィラリア感染犬の子には、時には乗り越えないといけない山が訪れます。フィラリア治療の開始から3週間、急に元気と食欲が低下しました。

4日間点滴の往診を続け、なんとか乗り切ってくれました。その後、ますます元気になり、毛艶もますますきれいになっていきました。しかも治療開始から半年後、フィラリア感染陰性になっています!

通常2年位はかかるフィラリア治療。最短記録です。本当によかったですね、G君!

余談ですが、今でも時折、G君は食事のムラがあります。飼い主さんが「先生~最近あまり食べないんですよ~」と言います。私がその話を聞いていると、しばらくすると、いつのまにかG君は残したドッグフードのトレイに行き、私の方をチラッとみながら、もりもり食べ始めるのです。

おそらく、以前フィラリアの治療で食欲がひどく落ちたとき、私に痛い点滴をされたのを思い出すのかもしれません(笑)。それか、以前食欲が落ちたときに、私に、口に無理やり食事を入れられたのを思い出すのかもしれません。飼い主さんが、私に「食べないんですよ~」と愚痴り始めると、片隅でモリモリ食べ始める、かわいいG君です!

転院してきたPちゃん、心不全・腎不全から元気に!

サマーカットにした後のPちゃん

Pちゃんとの出会いは、今年の1月31日です。お母様に連れて来られました。昨年より他院にて心不全の治療を受けていたが、改善せず、更にお薬の影響もあり、腎臓まで悪くなってしまった・・・とのこと。

入院は、本人にとってもかなりのストレスのようで、出来れば、入院を避け、通院か往診で残りの人生を少しでも快適に過ごさせてあげたい・・・というのがお母様のご要望でした。

早速実施した腎臓系の血液検査の結果は、BUN103、Cre2.8、P6.4 まずまず高い数値になっていました。もちろん、心臓の雑音もかなりのものです。起きているときも、肺からゼーゼーという呼吸音が聞こえてきて、かなり苦しそうです。心臓を一点から守ってあげるのではなく、バランスよくトータルで保護していく薬の組み合わせを時間をかけて説明し、往診もして生活環境も見せて頂きました。

私流の薬の組み合わせで投薬を開始してから6日後に、再度往診させてもらったところ、お母様が、「薬を飲み始めてからすぐに元気が良くなりました!散歩も歩き方が変わり、跳ねるように歩きます!食欲も出てきました!」と喜んでおられました。

それから3ヶ月、Pちゃんは、飲み薬だけで元気で、食欲もあり、散歩も楽しく行ってました。また、Pちゃんの偉いところは、苦いお薬も全てそのままバリバリと食べてしまうことでした。

犬ちゃんの場合、食欲が落ちると、お薬をあげるのが大変になることがあるのですが、Pちゃんの場合、これを飲まないと自分がダメになるとわかっているかのように、食欲が落ちても、お薬だけはバリバリ食べてくれます。ところが、4月28日に食欲が落ち、下痢と嘔吐で来られたときの血液検査の数値は、BUN=97.6、Cre=5.3、P=7.1・・・

よくよくお話を伺うとお水をあまり飲んでいなかったらしく、かなり脱水していました。早速通院で点滴をし、数値は下がっていってくれましたが、まだ症状が改善しなかったので、入院がストレスのPちゃんのために、往診し、ご自宅での点滴の方法をご家族にレクチャーさせていただきました。かなり危険な状態でしたが、ご家族が一丸となって頑張ってくださいましたので、Pちゃんは、元気になり、食欲も旺盛に戻ってくれました。

ラブラドルレトリバーのGちゃん

治療前

足の投げ出すような状態のGちゃん

当院開院直前2日前に、子宮蓄膿症の緊急手術をして命拾いをしたラブちゃんです。

その後、元気に過ごしていましたが、急に病院にやって来られ「昨日の夕方から息づかいが荒く、散歩に行きたがらない。後ろ足が歩くときによろめく。風邪かと思い、人間用の抗生剤を飲ませてみたが、改善しない」とのこと。歩かせてみると、後ろ足を挙げて歩かず、地面をするような歩き方でした。早速レントゲンを撮ってみると、案の定、股関節形成不全という病気のため、股関節(こかんせつ)のつなぎ目がボロボロになっていました。ラブの犬種には遺伝的に多い病気です。

特に体重が重い犬ちゃんは、股関節への負担が大きく、発症しやすいのです。すぐに痛みと炎症を抑えてくれる注射を打ち、飲み薬を出しました。もちろん体重を減らすことと安静を伝えて。ところが2日後、後ろ足に全く力が入らなくなって、足の投げ出すような状態になってしまったとのこと。急ぎ病院に来てもらいました。

治療後

なんとか立てるようになったGちゃん!

体重が重いせいで、股関節だけではなく、脊髄神経(背骨の神経)までやられてしまったため、後ろ足に麻痺が出てしまったのでした。更に、おしっこを出すための神経も脊髄神経から来ているので、昨日からおしっこが一切出ていないとのこと。膀胱が破裂しては大変なので、急遽エコーで確認しながら、針を膀胱に刺して抜きました。飼い主様に手術の選択肢と以前から当院でダックスで成功している内科的な治療法の選択肢があることを告げ、入院してもらい、内科治療でトライすることに。スタッフの皆も休日返上でよく協力してくれました。5日間集中的に内科治療を試みたところ、徐々に改善し、後ろ足も動かせるようになり、補助をしてあげれば、歩けるようにもなりました。

更に5日間全力で取り組み、介助あれば歩ける状態までにして、退院となりました。退院4日後の19日にはカテーテルをはずしてもらったところ、自分でおしっこが出せたとのこと。私も大喜びで、電話を受けて、思わず小躍りしてしまいました!

奇跡の21歳のネコちゃん、慢性腎不全からの復活!!

昨年から治療してきた今年21歳になるネコのNちゃんについて書きます。

昨年12月下旬に飼主様からお電話があり、20歳のネコちゃんが他院で慢性のしかも末期の腎不全と診断されたとのこと。余命も長くないと言われたようです。一ヶ月以上その病院で治療を受けていたそうですが、通院と病院内でのストレスを考えて、自宅にて介護していきたいので、往診して欲しいとのことでした。

往診して、前の病院での血液検査結果を見せてもらいました。通常の病院では、転院してくると、すぐに自分のところで血液検査をしますが、私は、その子の体力や状態によっては、また他院での検査結果があるのであれば、大きなストレスを与え、費用をかけてまでして、血液検査をするのはどうかなぁ?と思っています。もちろんケースバイケースですが・・・

その血液検査の結果では、腎不全を示すBUN が140以上の検出限界以上、Cre(クレアチニン)が3.1、リンが11.4というものでした。風貌も・・・痩せて、毛もボソボソで艶がありません。毛づくろいも出来ないフラフラの状態でした。幸い、食欲だけは維持できている、といったところでした。尿検査の結果も良くないものでした。

腎臓の組織というのは、壊れてしまった部分はもう再生しないので、ほとんど壊れてしまうと治ることはありません。数字と年齢から考えても、そんなに長くは生きれないだろうなぁ、と思っていました。でも、飼主様がすごく熱心な方なので、なんとか応えてあげたいと思い、点滴に混ぜる薬剤等をいろいろと工夫して治療を進めてあげました。

一週間に一回の往診と点滴の治療を続けていたのですが、年が明けてから、Nちゃんはドンドン元気になって行きました。慢性のしかも末期の腎不全の21歳の子とは思えないように、元気に歩き回ったり、時にはソファーの上に飛び上がったり。しかも、毛艶もどんどんよくなり、飼主様も驚くくらい元気になりました。すごい回復力です。

Nちゃんは一時期体調を崩しかけたりもしましたが、飲み薬を処方してあげたり、自宅での飼主様自身での点滴も織り交ぜたりして、今は結構元気にしてくれています。もちろん、飼主様が熱心だからこそ、ここまで元気になれたんですけどね!Nちゃん!お母さんの気持ちに応えて、頑張って長生きしてくださいね!

東京からやってきたMちゃん!

東京からはるばる新幹線でやって来られました。

また、猫ちゃんの腎不全です。ただ今回は、腎不全はそれほどひどくないのですが、甲状腺機能亢進症を併発しています。

日本獣医畜産大学獣医学部の武村先生も学会等で言われていますが、甲状腺機能亢進症を併発した腎不全の猫ちゃんは、「アンタッチャブル」と言われるくらい、治療が難しいのです。

今まで、当院独自でやってきた治療法で、たいていの腎不全の猫ちゃんは元気になり、食欲も出てきてくれているのですが、甲状腺機能亢進症も持っている子の治療は初めてでした。

Iさんに連れられてやってきたMちゃんは、新幹線と車の長旅で疲れ、動物病院に着いた時には、ぐったりしていました。早速、心拍を測ると、一分間に312拍、全速力で走っている以上の速さです。

どうなんだろう? 本当にこんな症状の子にも当院の治療が効くのだろうか? 自問自答しながらIさんにいろいろと説明していました。既に、東京の動物病院で、1ヶ月間ほど毎日、静脈点滴や皮下点滴を受け続けてきたそうです。それでも、食欲が出ないとのこと。

そして先日、看護師がIさんからの電話を受けました。

「3月19日にそちらの病院に行って治療開始して、23日までは食欲が出なくて、毎日15gだけ強制的に食べさせていたんです。それが、24日からは、一気に200gを毎日食べてくれるようになりました!!」とのこと。よかったです。飼い主さんのIさんの熱意に応えることができて、私もホッとしました。

少しでも元気に、穏やかに飼い主さんと暮らしてくれることを祈りつつ、私もやりがいをたくさん頂きました。全国で猫ちゃんの末期の腎不全で戦っておられる方が多くいると思います。あきらめずに頑張ってくださいね! 遠く奈良の片田舎より応援しています!

大阪から紹介されてきたS君!

恐がり屋のS君!診察室でもお父さんの膝に抱かれて不安な表情

大阪の門真市から来られたS君です!

まだ一歳になっていませんが、ペットショップからご自宅に来て以来、下痢(血便)と嘔吐が止まらず、半年間ステロイドを飲み続けていたようです。ステロイドを飲んでいると下痢がおさまるのですが、ステロイドを止めると、すぐに下痢が始まってしまうとのこと。いわゆる難治性(なかなか治らない)下痢のため、他院から当院に紹介されてきました。当院に来られて、薬等を少し工夫してあげると、すぐに下痢が止まりました。よかったよかった・・・

ご夫婦で熱心に門真から片道小一時間かけて来られているのですが、一生ステロイドを飲まないといけないと覚悟をされていたので、ご夫婦ともに大喜びです。

子宮に膿が溜まってしまったBちゃん! 命拾い

子宮から大量の膿が出てきました

たまに外耳炎の治療でやってきていた、ご近所にお住まいのシェパード、Bちゃん、やってきた時は、食欲も元気もない状態でした。エコーで検査してみると、子宮に膿の溜まる病気(子宮蓄膿症)でした。

このままおいておくと、確実に命を落とします。至急入院して緊急手術です。

お腹を開けてみると、私の腕より太くなってしまったソーセージのような大きな子宮が蛇のように引っ張り出されてきました。お腹の中で破裂しないように、丁寧に引っ張り出して切り取りました。

手術後、しばらく入院して、元気に帰っていきました。今でも当院の前を元気に散歩しているBちゃんを時々見かけます。本当に元気になって良かったね!

2年間下痢が治らず、大阪からやってきたI君

I君がお母さんに連れられてはるばる大阪からやってきたのは、2019年3月30日のことでした。主訴は『2年前から、いくつかの動物病院で治療しているけど、下痢が止まらない。時には、粘液便や血便も出る』というものでした。2年にもおよぶ下痢のせいか、ガリガリにやせてしまっています。なんとか、早急に治し、I君とお母さんを苦しみから救ってあげなければ。。。

早速検査をし、お薬を処方しました。夜に電話があり、お薬を飲んだ5時間後に3回嘔吐をしてしまったとのこと。

まだ、私との信頼関係ができていない状況で、しかも今まで動物病院で治らず、動物病院に対して不信感を抱きやすい状況。治療が続くかなあ?と正直心配になりつつ、『新しいお薬は、最初だけ吐くこともあるので、3種類のお薬を一つずつ6時間間隔で飲ましてみてもらえないでしょうか?』とお願いしました。

4月5日の再診の日。お母さんが喜んで診察室に入ってこられました。『先生!初日だけ吐いたけど、翌日からは吐かなくなり、しかも2年間治らなかった下痢が翌日の4月1日から止まり、良便が出るようになったんです!!』

本当によかった。あと、何年獣医師として現役でやっていけるかはわかりませんが、獣医師を引退するまでに、少しでも多くのこういう子たちを救っていってあげたいと誓った日でした。

椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの痛みで毎日苦しんでいたH君

2019年2月8日に初診でやってきたH君。椎間板ヘルニアの痛みのせいで、当院の待合室でもずっと怒って吠えていました。聞くところによると、数年前に他院にて椎間板ヘルニアのCTと手術を受けたそうです。そして、数か月前に再発して、再度通院を繰り返していたようです。ずっとステロイドの飲み薬を飲み続けていても、痛みがとれず、夜中もずっとワンワン吠えていたそうです。痛みのあまり、お父さん以外の家族が近寄ると咬んでくるようになっていたようです。よほど痛かったのだと思います。

後ろ足は、右側は、踏みなおり反応マイナス。左側は、かろうじてあるかないかという程度で、基本的には後ろ足では立てず、引きずって歩いていました。かなりひどい状態です。

早速当院独自の内科的治療法を開始しました。

翌日の2月8日の再診時には、お母さんが歓喜の声でやってこられました。
『先生、痛みがとれて、昨日18時ころからは穏やかな顔になり、食欲も元気も出てきました!こんな穏やかな顔は何か月ぶりに見たでしょう!』

事椎間板ヘルニアで下半身麻痺していたロコちゃん!

治療前

治療後

ご来院の時点では、下半身が麻痺していて、後ろ足が両方とも立てませんでした。前足だけで歩き、後ろ足を引きずって歩いてた状況で、自分ではおしっこも出せなくなっていました。

当院での椎間板ヘルニア治療は、独自の内科的治療として、注射と内服を行います。
片道40分かけて、京都から毎日毎日通ってくださったお母さんと、何とか歩けるようにしてあげたいというスタッフの頑張りのかいあって、ちゃんと歩けるようになりました。

椎間板ヘルニアの治療で復活したCちゃん!

治療前

治療後

後ろ足が両方ともブラブラになり、前足だけで歩き、後ろ足を引きずっている状態でした。
かなり重症の椎間板のヘルニアの症状です。
背骨の椎間板という軟骨が飛び出して、背骨の神経を圧迫しているために麻痺が出ます。おしっこを出したり、止めたりする神経も背骨を通っているため、おしっこも垂れ流し状態です。

最初注射を続け、のちに内服に切り替える独自の治療を行いましたが、かなり重症だったため、短期間ではなかなか麻痺が取れず、反応がありませんでした。注射での治療は大晦日、元旦、1月3日と続きました。私も看護師もお正月返上でしたが、お母様も頑張って毎日通院してくださいました。

そのかいあって、Cちゃんはお正月明けに歩けるようになりました。
おしっこも自分の意思で出せるようになっています。

重症の椎間板ヘルニアが治って1 年以上が経ちました!

椎間板ヘルニアで後ろの左足に麻痺が出たGちゃん

突然椎間板ヘルニアを発症して両方の後ろ足が完全に麻痺してしまったWちゃん

ご存知のように、ダックスには椎間板ヘルニアが多いのですが・・・

皆さんがインターネット等いろいろと情報をもたれるようになり、手術をしても足の麻痺が治らない例が多々あることを知り、ヘルニアの手術を拒否される方が多く見受けられます。

そういう方には、当院オリジナルの内科治療で通院して頂いています。

上の写真のWちゃんもGちゃんも、その内科治療で完全に麻痺が治り、元気になりました。この写真は今年の4月ですが、噂では、今も再発することもなく元気に走り回っているようです。

Wちゃんの麻痺はかなりひどかったのですが、既に1年以上再発することなく過ごせています。よかったよかった・・・ 今までダックスの犬ちゃん計5頭にこの手法で治療してきましたが、全員完治してくれています。もちろん安静に出来ない犬ちゃんは、途中でぶり返すことがありますが。1年前に両方の後ろ足が完全に麻痺してしまっていたWちゃん! 再発なく1年が経ちました。元通り元気です!